FSC 成田空港 新規就航・増便・減便 羽田空港 航空ニュース

ユナイテッド航空、2021年5月以降の日本路線の運航計画を発表 羽田~シカゴ線を再開し成田~ロサンゼルス線を増便

ユナイテッド航空は、2021年5月以降の日本路線の運航計画を発表しました。

今回発表された太平洋路線のスケジュールにおいては、既存の成田~サンフランシスコ線(週7便)、成田~ニューヨーク/ニューアーク線(週5便)を継続する一方で、旺盛な貨物需要に対応するため成田~ロサンゼルス(UA33/UA32)線を週1便(成田発日曜、 ロサンゼルス発土曜)5月1日から増便し週3便体制とします。

また5月6日からは昨年10月から運休していた羽田~シカゴ線を週3便(羽田発水曜、金曜、日曜、 シカゴ発火曜、木曜、土曜運航)で再開させ、羽田空港への乗り入れを再開させます。

なおグアム線に関しては、現行の夕方便(UA197/196便)を引き続き週7便運航する計画となり、5月の日本発着合計路線数および便数は4月に比較して1路線、週4便増加し、5路線25便体制となります。

そのほかの成田~デンバー・ホノルル・ヒューストン、羽田~サンフランシスコ・ロサンゼルス・ニューヨーク、ワシントン、関西~サンフランシスコ、その他グアム線は、運休が継続となります。

ユナイテッド航空CEO、全6万人の従業員に対してワクチン接種の義務化を検討

ユナイテッド航空、A321XLRの50機導入を発表 A350の受領は2027年に延期

羽田空港の新規就航・増便・施設整備・関連ニュースまとめ※随時更新