旅行情報 航空ニュース

オーストラリア政府、2022年中旬までの国境閉鎖に言及 留学生は2021年後半にも受け入れ開始も

オーストラリア政府は、2021年10月にも国境が再開させるとの当初の見通しを変更し、現時点においては2022年中旬まで国境は閉鎖されたままであるとの見通しを明らかしました。

これは、昨日5月11日に公表された同国財務省の2021-22年度予算案書類から明らかになったもので、留学生の受け入れ再開は2021年後半、国際観光客の受け入れ再開は2022年中旬以降になり、再開時は段階的な国境再開になるとの見通しを明らかにしました。

また Josh Frydenberg 財務大臣は、「私たちの最優先事項は、オーストラリア人を新型コロナウイスるから安全に守る事です」とコメントし、国境再開は急がない考えを示しています。

今回の国境再開の遅れは、同国でのワクチン接種が遅れていることが大きな要因の一つとされており、アストラゼネカ製のワクチンを50歳以下には接種しないようにするとの方針変換により遅れが生じています。

一定の感染者数がいてワクチンの接種が進む国々では国境再開の議論が活発となっていますが、オーストラリアのように国内での感染を抑え込んだ国々の国境再開は今後も遅れることが予想されます。Photo : Cairns Airport

カンタス航空、国際線再開後は一時成田空港から撤退へ ブリスベン線を羽田に移管し路線を集約

カンタス航空、モハーベ砂漠で保管している12機のA380は今後も全機運用を継続へ

ヴァージンオーストラリア航空、客室乗務員を再雇用しB737-800型機を10機追加導入 国内需要が急回復