FSC 機材 羽田空港 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、本日2021年8月11日より東京/羽田~フランクフルト線にA340-300型機を投入

 ルフトハンザドイツ航空は、本日2021年8月11日(羽田発は12日)より東京/羽田~フランクフルト線にA340-300型機を投入します。

 現在この路線は、B747-8型機にてデイリー運航となっていますが、本日のフランクフルト発のLH716便よりA340-300型機の運航に切り替わります。

 当初の計画では、8月までの同型機の運航が計画されていましたが、現時点では夏ダイヤ期間となる10月30日までは同機の運航が継続されることが発表されています。

 同社のA340-300型機は、長期的には退役させることが決定しており、今後日本に飛来する機会も限られることから、貴重な機会となりそうです。Photo : Lufthansa

ルフトハンザドイツ航空、エアバスが開発する水素航空機の導入を検討 電動には興味を示さず

ルフトハンザドイツ航空CEO『A380は明らかに復帰しない』

ルフトハンザドイツ航空、B747-400型機を長期保管所から移動 再開への準備か