機材 航空ニュース 貨物

エアバスが開発するA350Fのコンセプトが明らかに B777Fを超える積載量となる見込み

 エアバスが、貨物市場に本格参入するための貨物機として開発が決まったA350Fのコンセプトが明らかになりました。

 これはエアバスのマーケティング責任者のChristian Scherer氏が海外紙に明らかにしたもので、A350Fのベースは、A350-1000型機となることから、B777Fよりも全長は6.9メートル長くなるとしています。そしてメインハッチを翼のすぐ後ろに設置することで機体の安定性を保つ設計になるとし、B777Fのペイロードが103.7トンであるのに対し、A350Fは109トンに達し、搭載量は4.5%前者を上回ることになる予定であると明らかにしました。

 また情報筋によると、エアバスはロールスロイスに対してA350F用にカスタマイズしたトレントXWB-97のより強力なバージョンの開発を要請している模様です。

 対するボーイングは、14日から開催されるドバイ航空ショーでB777XFの開発を発表する見込みとなっており、今後貨物市場でも両者の争いが激しくなることが予想されます。Photo : Airbus

カーゴルックス、A350Fを導入か 導入となれば初のエアバス機

【注目】エアバス、A350Fの開発を取締役会が承認 ボーイングの牙城を切り崩しへ

B777Xがドバイ航空ショーの会場に到着 航空ショー初公開&B777XFの開発も発表見込み