FSC 機材 航空ニュース

【速報】エティハド航空、A380の運用再開を正式発表 2023年夏に4機が復帰へ

 エティハド航空は、長期保管しているA380型機を2023年夏に復帰させることを正式発表しました。

 同社は、新型コロナウイルスの影響を受け保有していた10機のうち4機を退役させ、現在は6機を保有している状態となりますが、まずは2023年夏に4機を復帰させます。

 投入路線は、アブダビ~ロンドン/ヒースロー線となり、その後残る2機も復帰させ高需要路線に投入される予定となり、既定路線ではシドニー・パリ線が有力とみられます。

 今回の決定に伴いエティハド航空のAntonoaldo Neves CEOは『私たちは、A380が再び財政的に成り立つようになったという需要に応えるために、A380の一部を保有するタイミングが来たと判断しました。』と述べています。また同社が提供し魅力の一つであったレジデンスも継続することになり、再び豪華な機内体験が提供されることになります。

退役が加速している巨人機A380の今後の各社の取扱いまとめ【2022年10月23日更新】

エティハド航空、期待されたスターアライアンスの加盟とならず 新CEOが就任し再びハブ機能を強化へ

エティハド航空、セーシェル航空の全株式を1ドルで売却