FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港

スカイマーク、東京/羽田~宮古/下地島線に就航へ 政策コンテスト枠で10月から

スカイマークは、2020年10月にも東京/羽田~宮古/下地島線に就航する計画であることが明らかになったと琉球新報が報じました。

スポンサーリンク

 

本年より現行の3枠から5枠に拡大する羽田発着の政策コンテスト枠を活用して就航するもので、この政策コンテスト枠には、三沢空港、大館能代空港、山形空港、鳥取空港、石見空港、佐賀空港、下地島空港の計7空港が提案提出を行っており、この選考結果が近く発表される見込みとなっています。

2018年4月には市江前社長が2020年を目途に下地島空港や石垣線線の開設や再開を検討していることを明らかにしていました。しかしながら昨今の新型コロナウイルスの影響により各社、航空需要の低下により減便を強いられる状況が続いていることから計画通り路線開設が進むかは、不透明な状況です。

スポンサーリンク

2枠拡大する羽田発着枠政策コンテストにおいて、地方7空港が応募

スカイマーク、上場申請の取り下げを決議した事を発表

大手座席メーカーが、新しいコンセプトのエコノミークラスの座席“Glassafe”を発表 ウイルス対策にもなるスタッガードシート

スポンサーリンク