FSC 航空ニュース

ユナイテッド航空、チェックイン時に全乗客に健康セルフチェックシートへの記入を義務付け

ユナイテッド航空は、新型コロナウイルス対策として新たにチェックイン時の健康セルフチェックシートの導入を開始することを発表しました。

スポンサーリンク

 

同社は、チェックイン時に全乗客に健康セルフチェックシート「レディ・トゥ・フライ(出発準備完了」への記入を義務付けた最初の米大手航空会社となり、チェックリストは、全乗客に過去 14 日間に COVID-19の症状がないことなどを確認するものとなります。

乗客は、アプリ、ウェブサイト、自動チェックイン機を利用してチェックインする際に、全チェック項目を確認したことを示す「承認」ボタンをクリックすることが求められます。また、空港カウンターでチェックインする際には搭乗券を受け取る前に、空港スタッフにより口頭で全チェック項目が確認されます。なおチェックリストには以下ののような項目が含まれます。


◆機内では他の乗客の安全のためにもマスクを着用することへの同意。
◆過去 21 日間に COVID-19 に感染しておらず、過去 14 日間に以下のような症状がないことの
確認。
・38 度を超える体温・ 咳・呼吸困難・ 寒気・筋肉痛 ・のどの痛み・直近の味覚や嗅覚の喪失
◇過去 14 日間に伝染性疾患により他の航空会社から搭乗拒否されていないこと。
◇過去 14 日間に COVID-19 感染者と密な接触がないこと。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空、成田を含む客室乗務員の海外拠点を閉鎖へ

ユナイテッド航空、7月の日本路線運航計画を正式発表

キャセイパシフィック航空、全ての乗客を対象にチェックイン前に健康確認を実施

スポンサーリンク