FSC 海外LCC情報 航空ニュース

ブリティッシュエアウェイズ・ライアンエアー・イージージェットが隔離措置を巡り英政府を提訴 ライアンエアーCEO『この制度はゴミ』

ブリティッシュエアウェイズ・ライアンエアー・イージージェットの3社は、イギリス政府が導入した全入国者に対する14日間の自主隔離措置をめぐり、政府を提訴することを発表しました。

スポンサーリンク

 

3社は、今回の隔離措置の導入において、事前協議が行われなかったことや科学的根拠に基づいた決定でないことを不服とし、この制度は観光業や経済全域に影響を与え、数千人の雇用を失うことになると指摘しています。ヒースロー空港は、今回の決定により25,000人の雇用が失われると推計しており、11日より自主退職の募集を開始し、現実的に雇用が失われる状態に陥っています。

今後夏の休暇シーズンとなり繁忙期となる欧州では、新型コロナウイルスショックからの需要喚起に向けた最初のポイントになると見込んでおり、各国政府が入国制限を緩和し観光客の受け入れを再開させる方針を示している中での今回の制度導入により、イギリスのエアラインは猛反発している状態となっています。

ライアンエアーのMichael O’Leary CEOは、運航計画は変更しない意向を示し、イギリス人はこの制度がゴミであるとわかっており、無視するだろうといったコメントをしています。なお違反者は、1,000ポンド(約13万5千円)の罰金が科されます。画像引用:Heathrow Airport

スポンサーリンク

ブリティッシュエアウェイズ、B777-200型機を一時的な貨物機に改修

ライアンエアーCEO、ルフトハンザは危機が迫ればいつでも反射的に政府のポケットに手を入れるとして批判

イージージェット、24機の受領延期をエアバスと合意

スポンサーリンク