FSC 航空ニュース

タイ国際航空、機内をコンセプトとしたレストランをオープン

タイ国際航空は、機内をコンセプトとしたレストランを本社2階にオープンしました。

 

このレストランは、新型コロナウイルスの影響により国際線に乗る機会が無くなったことから、利用客に対し通常機内で楽しめる飲食を提供する事を目的としてオープンしました。





Photo : Thai Catering

レストランは2階に位置することからタラップで入場する仕組みで、座席はエコノミークラスとビジネスクラスのシートとなっており、タイ国際航空の機内がコンセプトとなった作りとなっています。またレストラン内の家具は、航空機のスペアパーツなどが用いられており、エンジンやホイールの一部が家具として利用されています。

営業時間は、水曜日から金曜日の午前7時から午後2時までとなっており、料理は機内食を担当するシェフが調理し提供されます。なお利用客には、電子搭乗券が記念として配布されます。

タイ、外国人観光客の受け入れ再開となる『プーケットモデル』の運用に向け9月中旬に試験的に受け入れを再開へ

タイ国際航空、日本を含む6カ国とプーケットを結ぶチャーター便を11月にも運航へ

タイ国際航空の再建の是非は、9月14日に裁判所が判断へ