国内LCC情報 航空ニュース

エアアジアCEO、エアアジアジャパンの解散を示唆 近く何らかの決定を下す予定

エアアジアグループCEOのトニーフェルナンデス氏は、新型コロナウイルスの影響を受け、海外事業の縮小を検討していることを明らかにしたと現地紙FMTnewsが報じました。

 

その中でも日本事業のエアアジアジャパンに関しては、真剣に考えなければならない対象とし、資金に余裕があれば事業を継続できるとしながらも、近いうちにエアアジアジャパンに関して何らかの決定が下されるとし、解散を示唆しました。

そのほか同氏は、年末までに銀行や投資家などから25億リンギットを調達する予定としており、資金調達に関しては順調に進んでいることを明らかにし、今後アセアンでの事業を強化するとし計画で、これが日本やインド事業から撤退の可能性を意味するとしています。

先日にはエアアジアXが、リース費を巡りリース会社に訴えられたことが明らかになっており、同グループは各国に多くのグループ会社を抱えていることもあり課題が山積みとなっています。Photo : Airasia

航空機リース会社がエアアジアXに対して未払い金を支払うよう英高等法院に訴え

エアアジアジャパン、名古屋/中部~新千歳・仙台線において追加の運休便を発表 仙台線は9月中全便運休

エアアジアX、2020年上半期の決算は約216億円の赤字 今後も再開を見通せず