FSC 成田空港 新規就航・増便・減便

エアタヒチヌイ、東京/成田~パペーテ線の運休期間を2021年1月11日まで延期

エアタヒチヌイは、東京/成田~パペーテ線(TN87/88)の運休期間を2021年1月11日まで延期することを発表しました。

 

フランス領ポリネシアは、2020年7月15日から海外旅行客の受け入れを再開しましたが、現在、日本政府の措置として、全ての国または地域を出発し、日本に到着する人に対して、日本入国時には14日間の自己隔離が必要となること、日本は現在146の国と地域からの旅行者の入国を拒否している状況であることを踏まえ、今回の判断に至ったとしています。

運休前までは、週2便(日金*成田発は翌日)の運航としており、新型コロナウイルスの影響を受け週1便に減便した後に、運休に至っております。なお現時点では、2021年1月12日以降のフライトからの再開を予定しており、運航は週1便を予定しています。

現在のフランス領ポリネシアでは新型コロナウイルスの感染者数はゼロとなっています。検疫隔離措置は解除されましたが、PCR検査の陰性結果の証明書などの提出が必要となる措置となっています。

【運航スケジュール】
TN87 成田17:40→09:25タヒチ 土
TN88 タヒチ07:35→14:05+1成田 木
機材:B787-9 Photo : Air Tahiti Nui

成田空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

エアタヒチヌイ、A340の退役を発表しセレモニーを開催 全機種ボーイング機に

大手座席メーカーが、新しいコンセプトのエコノミークラスの座席“Glassafe”を発表 ウイルス対策にもなるスタッガードシート