FSC 航空ニュース

【速報】ノルウェージャンが事実上の経営破綻 裁判所に破産保護を申請

欧州大手LCCのノルウェージャンは、アイルランドの裁判所において破産保護を申請したことがわかり、事実上の経営破綻となったことが明らかになりました。

 

同社は、今年5月に2億9,000万ドルの支援金をノルウェー政府から受けったものの、更なる追加支援については政府から除外されることが決まったことから、資金不足に陥りました。なお今回アイルランドの裁判所に申請をおこなった経緯は保有航空機がアイルランドで登録されていることが影響しているようです。

なお今回申請した破産保護は、アメリカのチャプター11に相当し、日本では民事再生法に相当するものとなり、今後は運航を継続しながら事業を再建する計画とみられます。

また破産保護費申請にあたり、同社のJacob Schram CEOは、『アイルランドの法律の下で保護を求めることは、従業員、顧客、投資家の利益のため下した決定です。私たちの目的は、私たちが財政的に強く安全な航空会社として再起することを可能にするために、利害関係者との解決策を見つけることです。』とコメントを発表しています。

ノルウェージャン、傘下のデンマークとスウェーデンの人材会社の破産申請を行うと発表 約4700名のパイロットと客室乗務員が失職

ノルウェー政府、ノルウェージャンの救済措置で最大300億円の融資 直近の倒産は回避

ノルウェーエアシャトル(ノルウェージャン)ロシア上空通過権取得後、東京~バルセロナ線就航へ意欲、ANAも同路線に興味