FSC 航空ニュース

スターラックス航空、制服のデザインを発表 無料機内wifiの提供も併せて発表

2020年に運航を開始する予定の台湾の新興エアラインであるスターラックス航空は、制服の発表を行いました。

スポンサーリンク

台湾の有名デザイナーLin Yinpei氏によるデザインの制服は、クラシックと近代性を持ち合わせた宇宙をイメージした作品となっていることが紹介されています。
女性客室乗務員の制服は、一部がメッシュ素材を用いられており通気性が確保されたデザインとなっており、機体のカーラーリングに合わせたエレガントな色使いとなっています。また、男性客室乗務員はネクタイを締めなくてスタイリッシュに見えるデザインとなりました。


男女ともにipadを収納できるブリーフケースを携帯します。

パイロットの制服は、多くのエアラインが似たデザインを採用する中、同社はキャップ帽を採用するなどしています。

また機内設備も発表され、無料wifiが提供され、全席にモニターが搭載されることが発表されています。今月末に受領予定のA321neoは、ビジネスクラス8席、エコノミークラス180席の188席仕様となることが発表されビジネスクラスはフルフラットとなります。

現在のところ就航日は2020年1月23日を予定し、台北/桃園~マカオ・ペナン・ダナンの3路線から運航を開始する予定で、航空券の販売は年内までに開始する予定としています。
画像引用:Starlux

スポンサーリンク

日本にも就航予定のスターラックス航空、コールサインは『スターウォーカー』2レターは『JX』に決定

スターラックス航空、台湾航空当局へ申請していた成田・関西・中部・福岡・那覇・仙台・新千歳・函館への路線が同局より承認

日本へも就航を計画するスターラックス航空、17機のA350XWB購入をエアバスと正式契約

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)