海外LCC情報 航空ニュース

イージージェット、900万人の個人情報が流出 中国ハッカー集団が関与か

イギリスのイージージェットは、ハッキングを受け900万人の個人情報が流出したことを明らかにしました。

スポンサーリンク

 

流出した個人情報は、900万人分のメールアドレスや渡航情報のほかに、2,208名分の3桁のCVV番号を含めたクレジットカード情報が流出したとされています。ロイター通信の報道によれば、中国ハッカー集団の関与が有力としており、複数の情報では金銭目的ではなく、知的財産権などを狙ったハッキングとされています。

なおイージージェットは、5月26日までに影響のあった全ての顧客に連絡を行うとしています。

個人情報流出を巡っては、英国個人情報保護当局は、2018年に発覚したブリティッシュエアウェイズの個人情報流出の件で一般データ保護規則(GDPR)を基に約250億円の制裁金を課した事例があり、今後イージージェットに対しても制裁が行われる可能性があり、新型コロナウイルスの影響によりダメージを受けている最中で、おおきな懸念材料が増えてしまっています。参考記事:BBC 画像引用:easy jet

スポンサーリンク

イギリス当局、個人情報流出でブリティッシュエアウェイズに約250億円の制裁金を検討

イージージェット、24機の受領延期をエアバスと合意

ヒースロー空港CEO、空港にソーシャルディスタンスを導入するのは不可能 導入すれば搭乗時に1kmの列

スポンサーリンク