海外LCC情報 航空ニュース

ノルウェージャン、B737MAX全機を含め約100機の発注をボーイングに対しキャンセル 補償を請求する考え

ノルウェーの大手LCCのノルウェージャンは、発注しているB737MAXとB787をキャンセルすることを明らかにしました。またボーイングに対し補償を請求する考えを示しています。

スポンサーリンク

 

キャンセルとなるのは、全機となる92機のB737MAXと5機のB787となり合計で97機となります。同社は、既に支払い済みの前金に加え、運航停止となったB737MAXとエンジン問題を抱えたB787の補償金を求め、法的請求を行うとしています。

なおノルウェージャングループは、ノルウェーエアシャトルが3機、ノルウェージャン(スウェーデン)が13機、ノルウェーエアインターナショナルが計18機を保有しており、現在も運航停止が続いています。

既にB737MAXとB787型機は、減産体制がとられておりますが、今回のような規模の大きいキャンセルはボーイングにとって大きな痛手となります。参考記事:aftenposten 画像引用:Norwaygian

スポンサーリンク

ボーイング、B737MAXの再認証に向けた飛行試験を本日より実施へ

ノルウェージャン、傘下のデンマークとスウェーデンの人材会社の破産申請を行うと発表 約4700名のパイロットと客室乗務員が失職

ボーイング、10%の人員削減と主力機種の減産を正式発表 B787に加えB777Xも減産

スポンサーリンク