FSC 航空ニュース

ロシア政府、11月1日から日露航空路線の再開を許可 S7航空が再開に意欲

ロシア政府は、2020年11月1日から日露航空定期路線の再開を許可することを発表しました。

 

これまで日露定期路線は、特別便などの運航を除き新型コロナウイルスの対策として3月下旬から運休となっていましたが、まもなく再開される見込みとなります。

現在のところ東京~モスクワ線が週2往復、東京~ウラジオストク線は週1往復認められる予定となっており、既にS7航空はウラジオストク線の運航再開に意欲をみせており、再開の準備は整っていると声明を出しています。

当初の計画では、2020年から日露路線は大幅な増便が予定され、交流人口も増える予定でしたが新型コロナウイルの影響によりその計画は変更を余儀なくされており、今後はすこしずつ復便していくことが期待されます。Photo : Airbus

今後開設が予定・期待される日本-ロシア間の路線まとめ

アエロフロートロシア航空、今年受領予定の10機のA350の受領を延期へ 同社CEO『飛ばす場所が無い』

S7航空、初の貨物専用機となるB737-800BCFを2機導入へ

ロシアのUALとイリューシンが共同で開発を進めるIL-96-400Mが最終組み立てラインに移送 最大402席仕様のワイドボディ機