FSC LCC 統計

先週のアクセス上位記事TOP10 (2020年10月25日~10月31日)

先週(2020年10月25日から10月31日)の期間において多くアクセスを頂いた記事のトップ10になります。

 

1位 ANAのSAFの採用決定により、成田空港は10月28日以降初めてSAFを導入することを発表

2位 JAL、2020年度末までに国際線B777-200ER型機全11機を退役させ2022年度末には国内線B777を全機退役させることを発表

3位 ANA、エアージャパンを活用した第3ブランドとなる新LCCを設立することを発表 B787で東南アジアなど中距離路線に進出

4位 スターラックス航空、2020年12月より東京/成田・大阪/関西~台北/桃園線を週2便で開設へ

5位 三菱重工、スペースジェットの開発費を大幅に削減し事業を一時凍結も開発は継続することを発表

6位 ANAの12月~1月の国際線の増便・減便路線の一覧[前月比]

7位 新潟拠点のLCC『TOKI AIRトキエア』が事業説明会を実施

8位 ハワイアン航空、東京/羽田・大阪/関西~ハワイ/ホノルル線を12月から再開 成田線は大幅に増便

9位 関西国際空港の第1ターミナルの改修は、大阪万博に間に合わず

10位 ANA、国際線の路線・便数計画の一部変更を発表 12月から羽田発着でサンフランシスコ線を開設しニューヨーク線を再開

先週は、ANAのSAF導入関連の記事が多くのアクセスを集めました。航空業界でも環境にやさしい取り組みが始まっておりANAと同様の取り組みを行うエアラインが増えることが予想されます。
また先週は、ANA・JALの今後の事業計画が明らかになり、両社機材数を削減し、ビジネス需要は以前の水準に回復しないとの判断から、成長の余地があるLCC事業を強化する方針を示しました、ANAに関してはエアージャパンを中長距離LCCにリブランドする計画となり、東南アジア・オーストラリア路線に進出する計画です。一方のジップエアは太平洋路線を計画していますが、事業の拡大と共に今後競合することも考えられ、本邦LCCの今後が注目されます。

先週のアクセス上位記事TOP10 (2020年10月18日~10月24日)

先週のアクセス上位記事TOP10 (2020年10月11日~10月17日)

先週のアクセス上位記事TOP10 (2020年10月4日~10月10日)