FSC 航空ニュース

タイ国際航空の再建計画は最大で7年を要する見通し

タイ国際航空の法律顧問のKitipong Urapeepatanapong氏は、同社の再建計画が最大で7年を要する見込みであることを明らかにしました。

スポンサーリンク

 

周知の通りタイ政府は、タイ国際航空を破産法に基づき会社更生手続きを開始することを閣議決定し、裁判所の管理下で今後再建を目指すことが先日発表されています。

今後同社が裁判所に会社更生手続きを申し立て、裁判所が受理した後、同氏によれば再建計画の策定に5ヶ月から1年の時間を要し、再建には5年を要し2年の延長を猶予期間として設定するとしています。裁判所が計画を承認すると管理者が任命される予定となっており、最初の審問は8月17日に予定されています。

今後本格的に再建へ着手することになり、資産の売却や資本の増強を行う予定とみられることから、保有機材のスリム化なども行われることが予想されています。参考記事:Bangkok Post 画像引用:Airbus

スポンサーリンク

タイ国際航空、日本路線の運休期間の延長を発表 主要路線は2020年8月1日まで運休

タイ国際航空、経営再建で6,000人規模の人員を削減へ

タイ政府、タイ国際航空の破産法に基づく会社更生手続き開始を閣議決定

スポンサーリンク