航空ニュース

英パイロットが、乗客として搭乗予定の便が乗員手配で遅延したため急遽自分で操縦 乗客は拍手喝采

9月2日、イージージェットのマンチェスター発アリカンテ行において乗員手配で遅延が発生したところ、偶然乗客として搭乗予定であった同社のパイロットMichael Bradley 氏が操縦を志願しスペイン・アリカンテまで操縦しました。

スポンサーリンク

同氏は妻と幼い息子とスペインのアリカンテで休暇をとるために、同便に搭乗する予定でマンチェスター空港に向かいました。(出発前から原因不明の遅延を知っていたことから万が一に備え、ライセンスと靴を用意していたようです。)
しかしながら、乗務予定のパイロットがフランスの管制官のストライキの影響で空港に到着できておらず、乗員手配で遅延が発生していたことから自ら乗務を志願し、会社に電話をかけました。

『今、遅延便に搭乗予定でターミナルにいるけど必要であれば操縦しましょうか?ライセンスとIDも持っているし、休暇のためにアリカンテに行きたいし』

会社:『ちょっと待っててください。折り返します』38秒後・・・・『お願いします』

その後同氏は、乗客へ事情を説明したところ欠航を免れたことやユーモアあるアナウンスに拍手喝采を受け私服姿でコックピットに入りアリカンテまで操縦し、休暇を迎えました。

イージージェットは、安全が最優先事項であることを大前提に、当時同氏が操縦に必要な規則を全てクリアしており協力してくれたことに感謝しているとコメントしています。
画像引用:easyjet

スポンサーリンク

チャイナエアライン(中華航空)の機長が居眠り操縦する動画が、副操縦士によりネット上へ

ライオンエアのパイロット、アイロンの仕上りに立腹しホテル従業員を殴打【動画】

中国南方航空のA380が激しい雹の影響を受け緊急着陸 コックピットの窓に多数のひび

スポンサーリンク