FSC 機材 航空ニュース

エミレーツ航空、10機のB777-300ERを一時的な貨物機仕様に改修 改修作業を動画で公開

エミレーツ航空は、10機のB777-300ERを一時的な貨物機仕様に改修したことを発表し、作業工程を動画で公開しました。

スポンサーリンク

 


画像引用:Emirates

改修作業においては、客室部からエコノミークラスの座席を取り除き、17トンの貨物を搭載できるように改修しています。これにより貨物室の40~50トンの搭載量に加えた貨物の搭載が可能となります。なお既に7機の同機が改修を終えており、7月中旬までには計10機の改修が終わる予定となっています。

同社の貨物部門の責任者であるNabil Sultan氏は、この改修機により、1フライトあたりの貨物輸送量がさらに増加し​​、より多くの貨物が目的地に早く到達し、より効率的な貨物運航が可能になるとコメントしています。

新型コロナウイルスによる混乱後、これまでに多くのエアラインが旅客機での貨物輸送に力をいれ、エミレーツ航空同様の改修を行っていますが、貨物料金が落ち着きを取り戻していることもあり、キャセイパシフィック航空などでは、旅客機の客室部を使った輸送を中止する動きが出始めています。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空、旅客機の客室を改修した貨物輸送を中止へ

エミレーツ航空、7月15日からA380の運航を再開へ まずはロンドン・パリ線に投入

エミレーツ航空、600名のパイロットと6,500名の客室乗務員を解雇か

スポンサーリンク