FSC 機材 航空ニュース

エティハド航空、A380を運航スケジュールから削除 長期保管あるいは退役に向けたプロセスを開始か

エティハド航空は、運航スケジュールからA380型機の運航を全て削除したことがわかりました。

 

同社これまで新型コロナウイルスの影響を考慮して直近の数カ月分のスケジュールを調整し、それよりも先のスケジュールは事業計画通りとしていましたが、現時点で予約可能な全てのスケジュール(11ヶ月先)からA380型機が削除され、同機が投入されていた多くの路線にはB787-9型機が割り当てられています。

先日airways magazineのインタビューで同社のVincent Frascogna 副社長は、保有する10機全てが需要が回復次第運航を再開する事を約束するとしていましたが、最新の経営陣の発言では、Tony Douglas CEOがA380型機の運航再開について、まだ決断に至っていないとし、運航再開に関して明言を避けたうえで、A380は余分な2つのエンジンがハンディキャップとなるとコメントしています。

これまでに同社からの正式なA380の処遇については明らかにされていませんが、現時点では長期保管、あるいは退役に向けたプロセスが進行しているものと推測されます。Photo : Airbus

エティハド航空、航空券購入で新型コロナウイルスのPCR検査を無料付帯 上級クラス乗客は自宅検査も可

最後のA380型機の組み立てが完了 初飛行から15年で251機を生産し終了

ルフトハンザドイツ航空、現時点でのA380・B747-400型機の退役を回避 A340-600型機の一部の退役を決定

大韓航空、A380の運用を再開 現在同機を定期便に投入する3社目のエアラインに