FSC 機材 航空ニュース 貨物

カタール航空、改めてB777Xの貨物機の開発に期待

カタール航空のAkbar Al Baker CEOは、オンラインイベントにおいて、B777Xの貨物機が開発された場合は非常に関心があることを明らかにしたとReutersが報じました。

現在までにボーイングは、B777Xの貨物機を開発する計画を示していませんが、カタール航空は予てから同型機の開発を望んでおり、2019年にも同CEOはローンチカスタマーになる事への意欲も示しており、現在も同機の貨物機の開発に期待を持っている模様です。

現在カタール航空は、先日A330Fを退役させたことで貨物機をB777Fに統一し、24機のB777Fを保有していますが今後これらの更新時期を迎えた際に、B777Xの貨物機に更新することを想定しているようです。またB777Xに関しては65機を発注しており、2023年に3機を受領する予定となっています。

新型コロナウイルスの影響により、航空市場において貨物は安定的であることに各社注目しており、貨物に力を入れるエアラインが多い中、今後B777Xの貨物機に開発に着手するのか注目です。Photo : Qatar Airways

カタール航空、一時解雇のパイロットに再雇用に備えるよう通知

カタール航空のA330Fが全機退役 退役した4機はエアベルギーへ

カタール航空『現在の市場においてA380のような4発機を運航するのは環境上正当化できない』A350で大幅にCO2を削減