FSC 機材 航空ニュース

エミレーツ航空、所有するA380型機の40%を退役へ

エミレーツ航空は、所有するA380型機の40%を退役させることを計画している模様であることがわかりました。

スポンサーリンク

 

A380の最大のオペレーターであるエミレーツ航空は、115機を地上保管している状態が続いていますが、今後40%にあたる約46機が再び定期便に投入されることがなく退役させる可能性が高いようです。
これまでA380の性能や運用に唯一肯定的であったTim Clark CEOもA380は終わったと発言するなど、需要低迷時の不採算性が露わになっており、今後同機の退役が世界的に加速していくことが予想されます。

また一部報道では、パイロットと客室乗務員の約30%を解雇する計画であるとされており、需要回復には数年かかるとの見通しから事業規模の縮小を計画しているものと推測されます。

新型コロナウイルスにより、A380を含めた大型機のリスクが露わになった形となり、多くのエアラインがA321XLRに興味を示すように、今後中距離市場ではA321XLR、長距離市場ではB787やA350などの燃費性能に優れた機体が各社の主力機になっていくものと推測されます。
参考記事:paddle your own kanoo 画像引用:Emirates

スポンサーリンク

エミレーツ航空CEO、『A380とB747は終わった』

元シンガポール航空機となるA380の解体初号機の解体が完了 作業に11ヵ月

A380オペレーターを悩ませる同機の燃費性能 約半数が退役を検討中

A380に改修を施した貨物機仕様が近く誕生へ

スポンサーリンク