FSC 航空ニュース

シンガポール航空、他国エアラインに続き遊覧飛行を計画

シンガポール航空は、ANAをはじめとする他国エアラインに続き、自国民向けの遊覧飛行を実施する計画であることがわかりました。

 

現在のところ10月下旬にチャンギ空港発着で3時間程の遊覧飛行を実施する計画とみられ、他国でのイベント成功により計画しているものとみられます。

新型コロナウイルスの影響により多くの国際線が運航停止となり、現在も出入国規制が続いていることから一般旅客は国内線の利用に限られているのが現状です。しかしながらシンガポールは都市国家であることから国内線の運航もないため多くの国民が飛行機に乗る機会が激減していることから、旅行気分を味わえるよう今後イベントが企画される模様です。

これまでにANAをはじめとして、JAL、FDA、スターラックス航空、エバー航空が同様のイベントを企画しており、イベントを企画するエアラインが増えることも予想されています。参考記事: New Straits Times Photo : Singapore Airlines

スターラックス航空、疑似出国フライトを実施 会長自ら操縦桿を握る

シンガポール航空、傘下のシルクエア・スクートを含め従業員約4,300名の削減を発表

シンガポール航空、日本路線の10-11月の最新のフライトスケジュールを発表 11月に関西線を増便へ