FSC 機材 航空ニュース 貨物

エアベルギーがA340型機を一時的な貨物機に改修し、TAPポルトガル航空はA330neoを同様に改修

新型コロナウイルスの影響により、多くのエアラインが貨物事業に力を入れていますが、新たにエアベルギーとTAPポルトガル航空が旅客機を一時的な貨物機へと改修を行いました。

スポンサーリンク

 

エアベルギーは、保有する4機のうち1機を改修し、今後医療貨物などの輸送を想定していることを発表しています。これまで多くの機種でエコノミークラスの座席を取り除く改修が行われていますが、A340型機は恐らくエアベルギーが初めてかと思われます。


画像引用:Air Belgium

またTAPポルトガル航空は、最新鋭機となるA330neoの改修を行ったことを発表しています。既に運用を開始し、厦門から25トン医療物資を輸送したことが発表されています。

画像引用:TAP

これらの改修によりボーイングとエアバスのワイドボデイ機では、B747とB767だけが改修の検討などの情報がない機種となっています。

スポンサーリンク

A380に改修を施した貨物機仕様が近く誕生へ

フィンエアー、2機のA350-900型機の座席を取り除き貨物機化へ

LOTポーランド航空、B787型機を一時的な貨物機仕様へ変更することを検討

スイスインターナショナルエアラインズ、B777-300ERを一時的な貨物機に改修へ 当初の計画から変更し計4機

スポンサーリンク