FSC 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、従業員26,000人が余剰であると見積もる

ルフトハンザドイツ航空は、現在約26,000人の従業員が余剰状態であるとし、今後人員削減を行う可能性があることがわかりました。

スポンサーリンク

 

これまで同社は、約1万人規模の人員削減を行う可能性があるとされていましたが、現状ではそれよりも多い人員削減が必要になる可能性があります。

先月末には、ドイツ政府より最大90億ユーロの資金援助を受けることを決定しており、それに伴いフランクフルト・ミュンヘンの発着枠の返上を行い、人員削減や資産売却などを行い経営の立て直しを図り、2023年までに融資金の全額返済と政府保有株の買い戻しを行うことを目標としています。

人員削減に関しては、パイロット組合が給料の45%を削減する代わりに雇用を確保するよう提案したことがわかっていますが、会社側が雇用を維持する判断を下すかは不透明な状況となっています。参考記事:hessenschau.de 画像引用:Airbus

スポンサーリンク

ルフトハンザドイツ航空、9月までに運航路線を短距離線は9割・長距離線は7割を回復させる方針を発表

ルフトハンザドイツ航空、欧州委員会の提示条件の受け入れを表明 FRA・MUCの最大24の発着枠を他社へ譲渡

ルフトハンザのパイロット組合、今後2年にわたり45%の減給とし雇用を確保することを会社側に提案

スポンサーリンク