航空ニュース

ボーイング、最大で24,000人の人員削減を検討か 需要回復まで2~3年との見解

ボーイングは、新型コロナウイルスによる景気後退により最大で24,000人の人員削減を検討していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

同社のDave Calhoun CEOが株主総会で明らかにしたもので、労働力を15%〜35%削減する必要がありウイルス問題以前の需要に回復するまで2~3年はかかるとし、業界が長期的な成長基調に転じるまでには更に時間がかかるとの見解を示しています。

現在多くのエアラインが、保有機数を削減したり新造機の受領延期を決めていることから、中古市場やリース会社のラインナップが充実していることもあり新造機の需要は著しく低下しています。

同社は既に一時解雇を自発的に受け入れる従業員に対し、会社が支援する内容などの説明をはじめており、6月初旬より数千人規模の人員削減が行われるものとみられます。またエアバスに対抗する計画であったエンブラエルとの事業統合する契約を解消したほか、主力機種のB787の減産を検討するなど事業縮小へ舵をきっています。
参考記事:The Seattle Times 画像引用:Boeing

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空、B777Xの受領延期またはB787-10型機への発注機材変更を検討か

ボーイングとエンブラエル、事業統合を目指した合弁会社を設立する契約を解消することを発表

ボーイング、B787の生産数を半減し人員削減も検討

スポンサーリンク