海外LCC情報 航空ニュース

エアアジア、国内線市場において日本に続きインドからも撤退する事を示唆

エアアジアグループは、破産したエアアジアジャパンに続きエアアジアインディアにおいても、インド国内線市場から撤退する可能性が高いことを示唆しました。

 

同社は、エアアジアジャパンとエアアジアインディアが、現金を浪費しグループの財務状況を悪化させているとしており、エアアジアインディアへの出資を見直すことが最優先事項であるとし、インド国内市場から撤退する可能性を示唆しました。

エアアジアグループは、エアアジアインディアに対し49%の出資を行っており、残るはインド企業のタタグループが51%を保有しています。これまでにトニーフェルナンデスCEOは、今後ASEANでの事業に重点を置く計画であることを明らかにしており、一部ではタタグループへの株式を売却する交渉が進行中であるとされています。

なおタタグループは、ビスタラにも出資しているほか、エアインディアの買収も検討しており、今後エアアジアが仮にインドから撤退することになればブランド変更する可能性が高く、インドの航空業界の再編に繋がる可能性があります。Photo : Airasia

http://sky-budget.com/?s=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2

エアアジアX、発注機材の違約金なしのキャンセルをエアバスと交渉か

エアアジアジャパン、東京地方裁判所に破産手続き開始を申請