新規就航・増便・減便 海外LCC情報 福岡空港

タイベトジェットエア、福岡~バンコク/スワンナプーム線に2022年7月15日に就航することを正式発表

 タイベトジェットは、福岡~バンコク/スワンナプーム線に2022年7月15日に就航することを正式発表しました。

 運航は週3便となり、機材はエコノミークラス230席のA321型機をします。就航発表に際し同社のWoraneti Laprabang CEOは『タイから旅行者に対してコストパフォーマンスに優れたオプションを提供し、日本の旅行者に対してはタイの美しさを理解してもらう機会を得たことを喜ばしく思っています。海外旅行の規制緩和と新規路線開設により、国際観光産業は急速に活性化すると確信しています。 』と述べています。

 なおタイベトジェットエアが競合するタイエアアジアは、2022年後半にも福岡~バンコク/ドンムアン線に就航する予定としており、福岡発着のタイ行きの選択肢が更に広がることになります。

【運航スケジュール】
VZ811 福岡07:55→11:35バンコク 月水土
VZ810 バンコク23:40→07:05+1 火金日
機材:A321

タイエアアジア、2022年後半にも福岡・沖縄/那覇~バンコク/ドンムアン線を開設へ

ベトジェットエア、同社初のワイドボディとなるA330-300型機の初号機を受領

新千歳空港・福岡空港・那覇空港の新規就航・増便まとめ※随時更新