FSC 機材 航空ニュース

大韓航空、B738MAX8の初号機を受領 2022年3月1日から運用開始しアフターコロナでは日本路線に投入

 大韓航空は、導入を予定するB737MAXの初号機がソウル/金浦空港に現地時間2月13日に到着したことを発表しました。

 同社は合計30機の同型機を導入する予定ですが、年内に合計6機を受領する予定とし、初号機は2022年3月1日から運用を開始することが発表されています。なお傘下のジンエアーも同型機を導入する予定であることから、一定数がジンエアー向けとなるとみられます。

 2015年の発注時には、日本路線を含めた近距離路線に投入する計画があることを明らかにしていたことから、アフターコロナでは日本の地方路線などを中心に同型機が投入されるものと推測されます。

 なおこれまで大韓航空は、B737MAX8の表記としていたものを、今回の報道資料ではB737-8と表記したことから、長らく運航停止となり世間の認識となる同型機の名称の❝MAX❞を取り除き、マイナスイメージを避ける狙いがあるものと考えられます。Photo : Korean Air

ジンエアー、B737MAXを導入へ 既に塗装を完了し間もなくフェリーの見込みで日本経由の可能性も

韓国航空当局、B737MAXの運航再開および領空通過を2021年11月22日に再認可

大韓航空によるアシアナ航空の買収が白紙化の可能性も EUの審査において懸念材料