FSC 機材 航空ニュース

カタール航空、エアバスに破棄された代替機としてボーイングとB737MAX10を最大50機導入する覚書を締結

 カタール航空は、B737MAX10を最大50機導入する覚書をボーイングと締結したことを発表しました。

 この契約は、カタログ価格で約70億ドルの発注となり確定25機、オプション25機の内訳となり、先日エアバスに契約破棄された50機のA321を導入する契約の代替とみられています。

 このようなことからA321と同規模となりB737MAXファミリー最大となるB737MAX10(最大230席、航続最大3,300マイル)を選定しています。

 今回の契約に伴いAkbar Al Baker CEOは「カタール航空は、B737-MAX10型の導入により、当社の短距離路線に最適な航空機を導入することができ、お客様へのサービスの向上、機体の近代化、このカテゴリーで最も効率の良い航空機の運航が可能になることを大いに期待しています」と述べています。

 現在カタール航空は、A350型機の塗装劣化問題を巡りエアバスとの関係が悪化しており、今後保有機材は全ボーイング機になるとの見方はされています。Photo : Boeing

カタール航空、最大50機のB777XFと2機のB777Fを導入する契約をボーイングと締結 ボーイング史上最大の貨物機契約

エアバス、カタール航空が発注しているA321型機×50機の発注を一方的に取り消し A350の塗装問題を巡り怒りの対応

【続報】カタール航空、エアバスの対応に不満を示し“ボロボロ”のA350の姿を公開し正当性を主張《動画あり》